栄養補助食品とは

栄養補助食品とは

栄養補助食品とは

どのような食品を、栄養補助食品と呼ぶことができるのでしょうか。何を指すのか分からないと、栄養補助食品という言葉を聞いて思った方でも、サプリメントと聞けば思い当たる方も多いかもしれません。この栄養補助食品とは、日々の食事だけでは満足に取る事のできない栄養素を補うための食品のことをそう呼びます。人間が本来持ちあわせている自然治癒能力を、食事では摂りきれない栄養素を栄養補助食品から摂ることにより、高めるのです。栄養補助食品は免疫力を向上させ、病気の予防をしたり、病気の回復を手助けしたり結果としてすることが可能です。食品と名前はついている栄養補助食品ですが、栄養の補助をあくまでもするものにすぎません。もちろん薬でもありませんし、食事そのものに代わるものでもないのです。症状を何らかの形で緩和させるために栄養補助食品を活用することはあり得ます。利用するのはあくまでも、治ろうとする人間本来の力を助けるためなのです。特定保健用食品が、栄養補助食品と混同されがちなものにはあります。今まではそれらの区別はなくひとくくりにされていましたが、食品衛生法が国によって改正されたようです。栄養補助食品に現在は一定の基準が設けられているようです。

 

カプサイシンで冷え性を改善する

 

カプサイシンで冷え性を改善する

期待できる効能が、カプサイシンのサプリメントにはダイエットの他にもいくつかあるといいます。活発にエネルギーの代謝ができるようにして、、体温上昇や発汗を促すために、肝臓や筋肉にあるエネルギー源のグリコーゲンの分解を促進してくれます。カプサイシンのサプリメントを摂取すると、血行が良くなるので、肩こりや冷え性の改善効果が期待できます。心臓の働きを強め、血圧の上昇を抑える働きがカプサイシンにはあります。まだネズミによる研究の段階ですが、カプサイシンには前立腺ガンの進行抑制に高い効果があるという報告もされています。今後もカプサイシンには目が離せないといえますし、サプリメントとしても有望な成分であることは間違いありません。炭水化物を燃やす作用が、カプサイシンの摂取後30分は高く、血流改善や脂肪燃焼効果があるといわれています。効果を、カプサイシンと同程度に得るには、唐辛子の場合は10g程度必要になってきます。多量に唐辛子を摂取することは、胃の粘膜を荒らす要因となってしまいますので、食べ物からカプサイシンを摂るのはなかなか困難で、カプサイシンサプリメントを摂取することがいちばん効率が良いのです。医薬品ではなく、カプサイシンサプリメントを含めて、すべてのサプリメントは食品というくくりになります。必要なのは、自分自身の体質によって、あなた自身が選択し、組み合わせ、使い分けるということです。体質を改善する一番の近道は、まずあなたの体質を考え、カプサイシンサプリメントについてしっかりと理解したうえで、上手に活用することだといえるでしょう。

 

整体院でマッサージを学ぶなら、nihilo整体 教材がおすすめ。

トップへ戻る